信州放射能ラボ | アイメジャー

良くあるご質問

Q1:検体持ち込みに予約は必要ですか?
持ち込み前にご連絡ください。(0263-50-8651)
平日9:00-5:00の間で持ち込んでください。
その際に、検体受付票を書いて頂きます。
*検体受け入れ時に、サーベイメータ(TCS-172B, TGS-146B)
にて事前検査を行い、弊社基準値を越えた場合は、検体をお返しする場合がございます。予めご了承ください。
Q2:宅配送付の場合の送料はどういう扱いですか?
送料はお客様負担になります。検体測定後の返却に関しましても、着払い発送となります旨ご了承くださいませ。
Q3:お支払いはどのようになりますか?
■銀行振込
測定開始前に先払いでお願い致します。
もし検体をお持ち込み頂けるのであれば、その時に直接お支払いただくことも可能です。
法人・事業主様は請求書をお送りします。月末締め翌月末現金支払いとなります。

振り込み銀行口座
八十二銀行 村井支店 普通 359315
名義 アイメジヤー.カ


■PayPal(ペイパル)オンライン決済サービス
安全なクレジットカード決済に対応したPayPal(ペイパル)のオンライン決済サービスを導入しております。
詳しくは、PayPal(ペイパル)についてをご覧ください。
Q4:測定結果はどのようなかたちで報告してもらえますか?
電子メール・ファクシミリのいづれかでお送りします。
以下「一般家庭向け」の弊社の標準報告書式です。
放射能測定結果です。
-----
検体:xxx
結果:
Cs-137:nn.n+-0.6 Bq/kg
Cs-134:nn.n+-0.5 Bq/kg
I-131 :ND < 0.6 Bq/kg
測定日時:2012.6.30, 11:52~
測定時間:10H
検体重量:745g
容器:1Lマリネリ
測定装置:TechnoAP社TG-150B(ゲルマニウム半導体検出器)
測定所:アイメジャー信州放射能ラボ(iSHL)
-----
*また、高品位Geコース、ならびにサブベクレルコースの場合は、TG150B(ゲルマニウム半導体検出器)が自動的に出力する報告書式(Cs-134,Cs-137近傍スペクトルと核種一覧)をお送りします。
Cs-134,Cs-137近傍スペクトルサンプルを見る。

核種一覧サンプルを見る。
*これらのファイルは、標準にてpdf形式のファイルです。もし、マイクロソフトの表計算ソフト、エクセルのファイル書式( .xls )をご希望でしたらその旨、測定ご注文時にご指示ください。
*事業主様向けの証明書発行の際には、弊社押印証明書、光子エネルギースペクトル、(高品位Geコース、ならびにサブベクレルコースの場合は、更に核種一覧表)をe-mailにて速報した後、別途原本を郵送発送します。
Q5:標準コースと高品位コースの違いはなんですか?
また、測定はどの装置を使い、測定にはどの位時間がかかりますか?
標準コース:検出限界14Bq/kg(判定3σ)で15分です。
高品位コース:検出限界1Bq/kg(判定1.645σ)で10時間です。
高品位Geコース:検出限界1Bq/kg(判定3σ)で2時間です。
サブベクレルコース:検出限界0.5Bq/kg(判定3σ)で8時間です。

  使用する放射能測定装置:
→標準コース:LaBr3シンチレーション式ガンマ線スペクトロメータ
高品位コース:LaBr3シンチレーション式ガンマ線スペクトロメータ
高品位Geコース:ゲルマニウム半導体検出器
サブベクレルコース:ゲルマニウム半導体検出器
Q6:検体はどのような状態で送れば良いですか?
測定希望の状態で送ってください。(例:じゃがいも等皮付きか皮無しか)
また、検体は丸ごと送付ください。弊社で粉砕致します。
Q7:検体量はどの位必要ですか?
1000ccまたは1kg必要です。
お米(玄米、精米)であれば、6合必要です。
かさばる物(干物等)は粉砕して、1Lの容量が必要になります
(例:牛乳パックにすきまなく詰め込む位 の容量)。
かさばる物(干物等)は、粉砕して詰める必要があり、
重量にして、600g程度を目安にしてください。

*(例)茶葉:600g ただし粉末を希望しない測定後検体を利用されたい場合は500g

また、砂や土壌など比重の大きい(重い)検体は、1000ccにて、1.5kg程度となります。
容量が十分足りるように留意ください。
なお、高品位コース、標準コースの装置(TS-150B)で使用する容器の容量は700ccです。
上述の検体毎の目安重量の70%程度を目安としてください。
Q8:測定後の検体はどうなりますか?
原則はそのままご返送となりますが、生物(なまもの)についてはご相談ください。
なお、検体の返却に関しましても、着払い発送となります旨ご了承くださいませ。
Q9:測定結果がわかるまでの期間はどの位かかりますか?
検体が到着してから、5営業日以内にメールにて測定結果をご報告します。
お急ぎの場合はお問い合わせください。
Q10:高品位コースでの測定結果がセシウム134のみ検出の場合、
どんなことが考えられますか?
高品位コースで使用する放射能測定器TS150Bは臭化ランタン結晶を用いたシン チレーション検出装置(以降、LaBr3シンチと呼びます)です。一般的なヨウ化ナ
トリウム(NaI)結晶を用いたシンチレーション式放射能測定装置(以降、NaIシン チと呼びます)に較べて、(光子エネルギー分解能が高いため)
放射性セシウム137を独立して検出する能力を持ちます。
そのため、放射性セシウム137の定量に関し、他の元素(核種)を誤検
出すること無く優れた特性を持っております。  その一方で、LaBr3シンチは、NaIシンチであれば、放射性セシウム134を
検出するために使用する検出領域(光子エネルギー値:796keV)を利用できません。
そのため、放射性セシウム134の領域(605keV)を使って定量しています。
しかし、この領域には、天然土壌に含まれる放射性物質由来で、空気中にも存在
するラドンガスに起因する放射性ビスマス214(609keV)が存在します。
LaBr3シンチは、(NaIシンチも)放射性セシウム134の領域(605keV)は、この
隣接する放射性ビスマス214(609keV)を見分けることができません。
(このエネルギー領域にて、放射性セシウム134と放射性ビスマス214を見
分けるためには、ゲルマニウム半導体検出器が必要となります。)
そのため、放射性セシウム134が全く含まれていない場合であっても、
天然由来の放射性ビスマス214の影響で、LaBr3シンチは、放射性セシウム
134であるとみなし誤検出をする場合があります。
放射性セシウム134を誤検出したかどうかの判断方法は次の通りです。
(1)福島第一原発由来のセシウムに関しては、原子力発電所から放射性セシウ
ムが放出された時点で、放射性セシウム134と137の比率は、ほぼ1:1と
言われております。
(2)また、放射能が半分になるまでの期間である半減期は、放射性セシウム
134と137がそれぞれ、2年と30年であります。
(3)以上のことから、放射性セシウム134が存在する場合は、決まって、放
射性セシウム134よりも多くの放射性セシウム137が含まれていると言えます。
(4)そこで、放射性セシウム137が不検出であれば、放射性セシウム134の
含まれる可能性は検出限界以下であろうと推定されます。

このような場合、弊社では、ゲルマニウム半導体検出器を用いて、
上記仮説の検証を行うように心がけています
Q11:土壌を測定したいのですが、採取方法はどのようにしたらよいですか?
放射能測定のための土壌のサンプリング方法をご参照ください。
http://imeasure.cocolog-nifty.com/isotope/2012/07/post-57b8.html (2012年7月18日)
Q12:アイメジャー信州放射能ラボはどこに有りますか?
訪問したいので地図を見せて下さい。
住所
〒390-0876
長野県松本市開智2-3-33 
北緯36.24214度、東経137.97058度に有ります。
次のアドレスにアクセスして地図(Google Map)を表示して下さい。
https://goo.gl/maps/daGAnT9WMhH2 建物正面道路側に看板「アイメジャー信州放射能ラボ」が有りますので目安にして下さい。
お気を付けておいで下さい。
※「このサービスは終了しました」
Q13:ゲルマニウムの時間貸しを利用したいのですが、1時間で何検体測定できますか?また、その場合の費用も教えてください。
検出限界を1核種あたり4Bq/kgとした場合で、1時間でおおよそ4検体可能です。
費用は、1時間10,000円です。検体をきっちり詰める程、同じ測定時間であっても検出限界が下がります。
また、土壌などの場合、別売容器に予め詰めてからご持参頂く方法をお奨めします。
米(こめ)や水(みず)などの放射能測定をご希望される場合は、弊社にお任せ頂く(測定委託)高品位コースや高品位Geコースのご利用をお奨めします。
高品位コースはシンチ式の放射能測定装置を10時間、高品位Geコースはゲルマニウム半導体検出器を2時間連続使用して計測しております。
・コースと料金表:[一般家庭向け] [法人向け]
Q14:別売容器はどのようなものがありますか?またいくらですか?
別売容器は、
・V-5容器(630cc)1個/263円
・タッパ容器(750cc)1個/525円
の2種類がございます。
750mLタッパーは、液状の検体に適しています。
Q15:放射能測定のインターネットからの申込は、どうしたらよいですか?
下記のアドレスの予約フォームよりお申し込ください。
一般向けご予約フォーム
Q16:高品位コースと高品位Geコースの結果の違いを教えてください。
高品位コースは、シンチレーション式の装置(TS150B)を10時間使います。
高品位Geコースは、ゲルマニウム半導体検出器(TG150B)を2時間使います。
高品位Geコースには装置が自動的に出力する報告書式(Cs-134,Cs-137近傍スペクトルと核種一覧を送ります。 
精米などは、初回だけGeを使い、以降定期点検用にお安いシンチレーション式を使うことをお奨めします。
汚染されていない土壌などは、天然放射性物質由来(ビスマスなど)の影響を見分けるために、Geを推奨します。
Q17:検体の量が少ないのですが、測れますか?
原則としてA7記載の通り、
高品位Geコースにて1L必要です(シンチレーション式の計測器を使う高品位コースでは700cc)。
しかし、検 体の 量が少ない場合、測定精度は低下しますが、250ccを越えれば計測は可能です。
詳しくは次の弊社実験をご覧ください。
弊社測定実験ページ
Q18:土壌・灰・肥料等、汚染の可能性のある検体を測定したいのですが、測定依頼はできますか?
測定は可能です。
ただし、高濃度汚染が推定される検体の場合には、測定をお引き受けする際の上限がございます。
暫定値ですが、サーベイメータを検体に押し当てて0.4μSv/h未満であること、と規定しています。
サーベイメータをお持ちでなかったり、不明な場合は、お問い合わせください。 
手順は下記をご参照ください。
土壌測定の流れについて

1.まずは、下記よりお申し込みをしていただきます。
一般家庭向け測定予約フォーム

2.お申込後、弊社より、容器をお送りいたします。
3.容器に土壌を詰めていただき、検体をお送りいただきます。
4.前払いにてお振込みの手続きをしていただきます。
5.ご入金確認後、測定を開始します。
6.測定結果報告をします(基本はメールにて)
7.測定後土壌をご返送します(着払い)

*専用容器のお値段
¥263(税込)/V5容器
¥510(税込)/V5容器1個の送料

<参考> A11:土壌を測定したいのですが、採取方法はどのようにしたらよいで
すか?
Q19:Cs-137とCs-
134の値を足した値とCs合算値が一致しないのは何故ですか?
小数点以下の四捨五入の処理を行った場合、たまたま合わない場合があります。計算間違いではありません。 

[計算事例] 1.3+1.1→ 2.3 になる カラクリ。

1)小数点以下、下2ケタまで生データがあるとします。
Cs-137: 1.25 Bq/kg
Cs-134: 1.05 Bq/kg

2)合算値は、下2ケタの生データで合算をしています。
1.25+1.05=2.30

3)報告測定値は小数点以下、下1ケタに丸めて表示しています。
Cs-137: 1.25 -> 1.3
Cs-134: 1.05 -> 1.1
Cs: 2.30 -> 2.3

このため、1.3+1.1→2.3という不思議な表示になります。

まとめますと、
例)
Cs-137: 1.25 -> 1.3
Cs-134: 1.05 -> 1.1
1.25+1.05=2.30
2.30 -> 2.3

Cs合算 : 2.3Bq/kg
Cs-137: 1.3 Bq/kg
Cs-134: 1.1 Bq/kg
となります。
Q20:法人企業向けのお勧めコースはありますか?
証明書発行を必要とする企業様の場合は、
ゲルマニウム半導体検出器を使った測定をお奨め致します。

【高品位Geコース】: 21,600円/1回(税込)(1Bq/kg未満を不検出)
(2時間測定時のCs-137の検出限界値(正味計数値 3σ):1.0Bq/kg)

 理由は、ゲルマニウム半導体検出器の信頼性です。

厚生労働省の定める 「食品中の放射性セシウムスクリーニング法(*1)」に
よれば、NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータにて、放射性セシウムが検
出された食品について、放射性セシウムが基準値よりも確実に低いと判断できな
い検体は、「ゲルマニウム半導体を用いたガンマ線スペクトロメトリー等による
試験法を用いて検査結果を確定するものとする。」と定められています。

(*1)食品中の放射性セシウムスクリーニング法
Q21:検体の量が少ないのですが、検出限界1.0Bq/kg まで測定は可能ですか?
A17の通り測定は可能ですが、弊社の装置で2時間かけて、(正味計数値3σ):1.0Bq/kgを確認します。
ただし、検体の密度(重量/体積)が低い場合は、
同じ測定時間をかけても、予定していた検出限界1.0Bq/kgに届きません。
その場合は、以下の2つの方法があります。

(1):更に時間をかけて計測する。
(2):検体を粉々にして、可能な限り充填(じゅうてん)密度を上げる。

できれば、(2)の方法としたいので、弊社の粉砕器を使って 検体を細かく砕くことになります。
その場合、送付頂く総量は、「重量にして1.2kg」程度を目安にお願いします。
どうしても確保できる検体の量が決まっていて足りない、
測定後に再利用するために、検体を粉々にしてはいけない、
(検体の姿を変えることができない)場合には、測定時間を伸ばす(1)の方法となります。
この場合の料金は、標準料金ではなく、別途見積となる場合がございます。ご了承ください。

<参考>
 A7:検体量はどの位必要ですか?
 A17:検体量が少ないですが測れますか?
Q22:掃除機ゴミパックを測定したいのですが、測定依頼はできますか?
測定は可能です。
手順は下記をご参照ください。
掃除機ゴミパック測定の流れについて


1.まずは、下記よりお申込みをしていただきます。
一般家庭向け測定予約フォーム
2.お申し込み後、弊社より、専用容器(750ml)をお送りいたします。
3.容器にゴミパックを詰めてください、
ただし、入らない場合は、口の部分の段ボールは切り取って詰めていただきます。
4.検体を弊社へお送りください。
5.前払いにてお振込みの手続きをしていただきます。
6.ご入金確認後、測定を開始します。
7.測定結果報告します(基本はメールにて)
8.測定後、ゴミパックをご返送します(着払い)


*専用容器のお値段
¥525(税込)/750ml容器
¥510(税込)/750ml容器1個の送料
Q23:高品位コースと高品位Geコースの違いはなんですか?
検出限界は、ほぼ同等です。

高品位コース:検出限界1Bq/kg(判定1.645σ)
高品位Geコース:検出限界1Bq/kg(判定3σ)
使用する放射能測定装置は異なります。
高品位コース:LaBr3シンチレーション式ガンマ線 スペクトロメータ
高品位Geコース:ゲルマニウム半導体検出器

食品や農業の生産者が、第三者(お客様)に安全の証として放射能測定結果を開示する場合は、高品位Geコースの方が説得力があります。
一般家庭にて、例えば、30kg玄米の計測を行う時、 高品位Geコースは高額かと思われます。安心のために 計測するのであれば、高品位コースで十分と考えております。
[一般家庭向け料金 https://www.imeasure.jp/order.html#price ]
[企業・事業主様向け料金 https://www.imeasure.jp/order.html#price2 ]

また、弊社印による測定証明書を発行する場合の料金は、別料金体系となります。
[法人向け料金 https://www.imeasure.jp/order.html#price2 ]
高品位Geコースにて2万円(税別)です。
信州放射能ラボでは、定期的に正式な測定装置の校正作業を行っており、その校正証明書をご希望の場合にはコピーを貼付可能です。
【修正履歴】
2012-07-14 Q4: 測定結果の報告書式から、「郵送」を削除しました。
2013-06-16 Q6:追記「また、検体は丸ごと送付ください。弊社で粉砕致します。」