信州放射能ラボ | アイメジャー

ポケットガイガーKIT

放射線を自分で手軽に測る!ガイガーKIT!

iPhone・iPod・iPad ユーザーに朗報!
「ポケットガイガーKIT + iPhone(iPod/iPad) + アプリ」 あなたの身の回りの放射線の空間線量率[μSv/h]を手軽にチェックできます!

特徴

・iPhone のイヤホンジャックにつなげて使うタイプの放射線のサーベイメータ
・iPhoneアプリと連携することでアプリがアップデートする度に機能アップ
・PRO版アプリには計測ログ・マップログなど記録できる機能が充実
・材料さえ調えば組み立ては簡単なので、ワークショップに最適
・センサ基板の電源は別なので、iPhoneのバッテリへの負担はアプリだけ
・一般的な使用において計測精度に問題はなし
・ガイガーミュラー管の代わりにPINフォトダイオードを8個使用しているため、小型軽量

Pro バージョンソフト(+600円)の主な機能

1.ログ機能:測定値の変化をExcelなどの表計算ソフトにて管理可能
2.GPS連動:測定地点を表示可能
3.空間線量の経時変化表示:線量の時間変化が一目瞭然。

ポケットガイガー仕様

名称ポケットガイガーKIT
(Pocket Geiger Counter KIT)
対応機種iPhone 3G / 3GS / 4 / 4S (iOS4.2以上) ,
iPad 1 / 2, iPod touch (第2~4世代)
測定線種β線、γ線
測定単位線量当量率(uSv/h)※、放射線数(cpm)
測定範囲線量当量率(0.05uSv/h~10mSv/h)※
放射線数(0.01cpm~300000cpm)
測定時間0.05uSv/hで5分程度
検出方式シリコン半導体(逆バイアス)※
センサーPINフォトダイオード×8個
エネルギー特性Cs-137(662keV)、Co-60(1173keV,1333keV)にて動作確認、エネルギー補償なし
方向特性あり(45度で検出効率78%)
β線遮蔽家庭用アルミホイル、10円玉などによる
認証規格等オランダ国立計量局(Dutch Metrology Institute) 認証取得 No.3320408
ヨーロッパCE規格適合
サイズW34/H70/D32mm
(組立て時、ケーブル除く)
重さ約50g(本体のみ)
電池9V乾電池(006P/9V)、付属せず
消費電流約1mA
製造国日本(宮城県石巻市)

※線量当量率(uSv/h)はCs-137点線源及び福島県飯舘村の平坦な土壌を用いてキャリブレーション
※上記仕様は抜き取り検査をした結果であり、性能を確実に保証するものではありません
※仕様は予告なく変更されることがあります

組み立てに必要な材料

・ポケットガイガーKIT〈オフィシャルサイトより購入も可能〉
・アルミ板〈β線遮蔽のため必要〉
・FRISKケース〈基板を収納するために必要・多少の加工の必要あり〉
・9V電池〈センサー駆動のため必要〉


公式サイトからポケットガイガーKITをお求めの場合、ご自分でFriskを購入し、箱を加工。中にアルミホイルもしくは、10円玉か厚さ1mmのアルミ板を入れる加工を行います。この作業を弊社( iMeasure Inc.)が代行致します。

商品ラインナップはこちら

組み立て手順

3721-300x154-1

組立その1:FRISKのフタを開けて、PocketGigerのセンサ部をアルミ板でサンドイッチします。

3857-300x189

組立その2:
ケーブルの結束バンド(写真左下の白いバンド)がFRISKの箱の中に入るように納めます。
【重要】結束バンドは重要な働きをしています。
万が一、組立後の計測使用中にケーブルが引っ張られた時、結束バンドがその力を直接受けることにより保護します。センサ基板部にハンダ付けされたケーブルに無理な応力が加わる事態を回避します。)

3721-300x154

組立その3:FRISKのフタをします。

3956-300x155

組立その4:FRISK箱の裏に貼ってある両面テープの保護紙を剥がし、しっかりと9V電池箱と密着、固定します。

4021-300x203

組立その5:これで完成。引き続き、PocketGigerの 組立マニュアル 取扱説明書 をごらんになり、ソフトウェアのインストールにお進みください。

・・ お知らせ ・・
2012.1.7 ポケットガイガーKITの開発元 radiation-watch.org にて、
弊社の活動を紹介して頂きました。紹介記事